FRP防水のトップコートの塗り替えなどのメンテナンスや改修工事

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

FRP防水のメンテナンスと改修工事

( ベランダ、バルコニーや陸屋根のFRP防水のトップコート塗装などメンテナンスと改修工事の紹介 )

FRP防水のメンテナンスと改修のポイント

frp防水メンテナンス

住宅の造り付けバルコニーやベランダの防水にはFRP(繊維強化プラスチック)が多用されています。
FRP防水も経年によりいろいろな症状が現れてきます。その症状に対処したメンテナンスや改修工事について紹介しています。

FRP防水

住宅のベランダやバルコニーには、後付と造り付けタイプがあります。住宅の洋風化とともに、現在では後者の「造り付けタイプ」が主流に なっています。造り付けタイプの場合、その防水性能が雨漏りに結びつきますので、防水工事が非常に重要になってきます。
「造り付けタイプ」には、施工性、強度、防水性能などで優れたFRP防水が多用されています。
しかし、FRP防水の歴史は短く、施工の技能が確立されて「技能検定」が実施されたのは2001年のことです。2008年に日本建築学会の建築工事標準 仕様書・同解説のJASS8防水工事に採用されたばかりです。
一般的にガラスマット層を二回積層する2プライ仕様で行われることが多い。
施工技術の確立されていなかった初期の施工では、色々と問題の多いのも特徴です。
最近、特にトップコートの「剥がれ」、「浮き」の問題に対するご相談が増えています。

FRP防水の特徴

  • 塗膜防水による全面継ぎ目のない、シームレスで強固な防水層を造れる。
  • プライマーを選択することで、色々な下地に適合できる。
  • 軟質ポリエステル樹脂を使用すると、下地への追従性がある。
  • 軽量(3kg〜5kg/u程度)で躯体への負担が少ない。
  • 耐摩耗性に優れており、 駐車場、競技場、スタンド等にも多く採用されています。
  • 樹脂の硬化性(1〜2時間以内)が可能で、連続工程が可能。工期短縮が図れます。
  • 速硬化性で、また重ねて施工しても一体化します。メンテナンス性 に優れています。
  • トップコートのカラーバリエーションが豊富です。
「FRP防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

劣化と症状

症状 原因 メンテナンス
トップコートの剥がれ 歩行等による磨耗 トップコートの塗り替え
層間の接着不良(亀裂が入る) 研磨後、トップコートの塗り替え
防水層の浮き 下地材との接着不良 部分的な狭い範囲の場合は、研磨後、防水層を部分的に補修施工
下地材そのものの剥がれ
(合板下地にみられる)
全体的に広い範囲で浮いている場合、下地を造り直してから再度、防水をやり直す
防水層のひび割れ 比較的小さなひび割れ 入隅など部分的な場合は補修施工
大きなひび割れ 下地を造り直してから再度、防水をやり直す
「FRP防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

FRP防水のメンテナンスと改修

トップコートの塗り替え

トップコートにはポリエステル系とアクリルウレタン系のものが使用されます。その種類によって塗装工程が異なります。

ポリエステル系トップコートの場合
  • 水洗い等で清掃
  • 研磨 : 付着力を向上させるため表面が白っぽくなるほどに傷が付くようサンダー等で研磨します。
  • トップコートの塗装
ウレタン系トップコートの場合
  • 水洗い等で清掃
  • アセトン拭き : FRP防水材の表面のワックス成分を拭き取ります。
  • プライマーの塗布 : FRPトップコート塗り替え専用プライマーを塗ります。
  • トップコートの塗装

部分的な補修

接着不良により、部分的に防水層が下地材から浮いている場合があります。このような場合にも簡単に補修できるのもFRP防水の特徴です。

  • 下地が出るまで、浮いている防水層を削り採ります。
  • 部分的にプライマーの塗布、ガラスマットの貼り付けとポリエステル樹脂塗りを繰り返して仕上ます。

下地からやり直す

下地が合板を使用している場合に多く見られる。原因としては合板の接着材が不良な場合、合板の張り合わせ部分が剥がれて防水層が浮いてしまっている場合があります。
施工時のプライマーの塗布量が少な過ぎても、多過ぎても防水層の「浮き」の原因となります。
歩くとパタパタと音がして、気持ちの良いものではありません。短期的には雨漏りに直結しませんが、長期的には防水層のひび割れにつながります。
対処方法としては、下地作りからやり直して、再度FRP防水をやり直します。

「FRP防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

トップコートの種類

FRP防水のトップコートとして用いられているものにはポリエステル系とウレタン系があります。
平滑仕上げと骨材を配合して表面をざらつかせた防滑仕上げがあります。

塗料 作業性 特徴
ポリエステル系 付着力を高めるために研磨が必要。 下地への追従性が低い。遮熱タイプもある。
アクリルウレタン系 専用プライマーを使用することで、研磨作業は省ける。 弾性で下地への追従性が高い。遮熱タイプもある。
「FRP防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

トップコート塗り替えと改修施工例

トップコートの塗り替え施工例

改修工事施工例

「FRP防水のメンテナンスと改修工事」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.