ALC壁のシーリング工事

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

ALC壁の外壁塗装におけるシーリング工事

( ALC壁の外壁塗装に伴うシーリング工事、雨漏りの例について紹介 )

ALC壁のシーリング打ち換え工事

外壁塗装・ALC壁

ALC壁の外壁塗装では、目地のシーリング処理が重要です。打ち換えにするか、補修程度に留めるかは経年数と既存のシール材の弾力性の有無で判断します。
このページでは目地シーリングからの雨漏りの例とシーリングの打ち換え工事について紹介しています。

ALC外壁のシーリング

シーリングの見極め

ALC壁の外壁塗装において、目地シーリングの塗装前処理の仕方として大別すると以下のようになります。

  • そのまま塗装に入る
     築年数が浅くて特に損傷がなく、シーリング材に十分な弾力性もある場合はそのまま塗装に入ります。
  • 追い打ち
     シーリング材が痩せて十分な充填量が無い場合、追い打ちでシーリング材の補充充填で対処してから塗装に入ります。
  • 打ち換え
     断裂、ひび割れ、剥がれなどの損傷が見られる場合、既存のシーリング材を撤去して新たに打ち換え工事をしてから塗装に入ります。
補足

10年未満の築年数が浅くても、目地シーリング部にひび割れが現れて、ご相談を受けることがあります。ALC壁は新築時、吹き付けタイルなど硬質塗膜の塗装が施されていることが多くあります。
そのため、シーリング材の動きに塗膜が追従できず塗膜にひび割れが生じます。シーリング材には何ら問題がなくても表面からの見た目でシーリングの痛みと勘違いされる方がいらっしゃいます。
このような場合は、打ち換える必要はありません。これをあたかもシーリング材が傷んでいるかのようなセールストークで不安をあおる業者も中にはおられるようですので注意が必要です。

シーリング部の損傷例

ALC壁のシーリング部の損傷による雨漏りの例。

  • シーリング材の劣化に伴い断裂する。
  • 建物の揺れが大きく、ALC同士がぶつかり合って欠損し、シーリング材も剥離してしまう。
シーリングの断裂 ALCの欠損
シーリング材の劣化により弾性が失われ、ALCのムーブメントに追従できず断裂した例 地震などによる建物の揺れでALC同士がぶつかり合って、ALCが欠損してしまう例
「外壁塗装でのALC壁のシーリング工事」のトップへ戻る

シーリングの打ち換え工事

既存シーリング材の打ち換え

ALCは軟弱なので注意しながらカッターナイフで縁を切っていきます。シーリング材の取り残しに注意します。

既存シーリングの撤去作業中の様子 取り残しの無いよう撤去作業中の様子
目地部の既存シーリング材を撤去作業中の様子 カッターナイフを使用して取り残しの無いよう注意します
既存シーリング材の撤去後の様子 バックアップ材の埋め込み作業中の様子
目地部の既存シーリング材を撤去作業中の様子 バックアップ材を埋め込み目地の底面を作ります
マスキングテープで養生作業中の様子 シーリングの打ち換え後の様子
シーリング材で周囲を汚さないようマスキングテープで養生します 打ち換え後の様子・プライマーを塗布後シーリング材を注入して終了です
「外壁塗装でのALC壁のシーリング工事」のトップへ戻る

ALC壁の雨漏り

ALC壁は目地などのシーリング個所が多くなります。シーリングの不良が直接雨漏りにつながります。
ALCは鉄骨の建物の外壁仕上げ材として使用されることが多く、建物の揺れが多いのが特徴です。東北大震災などの大きな地震では、ALC同士がもみ合って端部の欠損が生じることがあります。大きな地震後は点検なさることをお勧めします

横目地のシーリング断裂による雨漏りの例

特に横目地は外壁を伝わって流れ落ちる雨水を受ける形になりますので、シーリングの断裂や剥がれなどの欠陥が雨漏りに結びつくことが多くなります。

既存シーリング材の撤去後の様子
横目地部の既存シーリング材を撤去作業中の様子

断裂していたシーリング材を撤去してみるとシーリング材には苔が付着しておりました。ALC面は水分を吸い込んだため粉っぽくボソボソになっており雨水が侵入していたことがわかります。
長いこと放置していると、指でこすっても簡単にALCが削れるほど脆弱になることもあります。

ALCの欠損による目地部からの雨漏りの例

建物の揺れによってALC同士がもみ合い、欠損することがあります。ALCの欠損がシーリングの剥がれや断裂を招き雨漏りに結びつくことがあります。

ALC欠損による雨漏り部の様子
ALCが欠損したため目地部に大きな隙間ができ雨漏りしていた

建物の揺れはその階層数や構造、地層に起因しますので一様には言えませんが、ALC壁のメンテナンスでは特に大きな地震後などの点検が重要になります。
鉄骨構造の場合、建物の揺れが大きいので近隣での工事による大きな振動にも注意が必要です。

「外壁塗装でのALC壁のシーリング工事」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.