コンクリート保護剤の塗装

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

コンクリート保護剤の塗装

( コンクリート面の外壁塗装で使用されるコンクリート保護剤の種類と特徴を紹介 )

コンクリート保護塗装(クリヤー塗装・撥水剤の塗装)

コンクリート用浸透撥水剤

コンクリートは中性化しながら老化していきます。コンクリート打ち放し面を保護する方法は色々あります。代表的なものはクリヤー塗装して保護する方法(造膜タイプ)、浸透撥水剤を塗布して防水性を高める方法(浸透タイプ)があります。

コンクリート保護剤の種類と特徴

シラン系浸透撥水剤

  • アルコキシシラン樹脂を主成分としたコンクリート面の浸透撥水剤。
  • 初期段階では防水性があるがその効果期間は思ったより短い。
  • 濡れ色にならず自然な感じで仕上がる

浸透撥水剤+樹脂クリヤー塗装

  • 素材感を生かし、濡れ色にならない仕上がり 。
  • 防水性能が高いため、中性化防止効果に優れ、内部鉄筋の防錆に威力を発揮する。
  • 仕上げに超耐久性を示すふっ素樹脂やアクリルシリコン樹脂を採用しているため、苛酷な環境からコンクリートを保護する。
  • 浸透撥水剤がコンクリート内部の微細な空間まで浸透し、セメント系材料の表面にありがちなエフロレッセンスの発生を防止し、美しい壁面を維持することができる。
  • 浸透撥水剤と樹脂クリヤー塗料は共に優れた遮塩機能を示すため、これらの相乗効果により内部鉄筋の腐食を防止する。
  • 超低汚染。

シラン・シリコンハイブリット型浸透撥水剤

  • 撥水処理と劣化抑制処理を行うには従来、2工程以上の作業が必要でした。
  • 特殊シラン系化合物とシリコーン樹脂を1材としてハイブリッド化されていますので、1工程ではっ水処理と劣化抑制処理を同時に施工可能です。
  • 撥水作用によりエフロレッセンス等の汚れ防止、藻・カビの発生抑制が期待できます。
  • 劣化抑制による長寿命化、維持・保全の軽減が可能です。

紫外線カット型浸透性撥水剤

  • 紫外線をカットすることで従来品に比べ、効果持続性は抜群。
  • 撥水性能により、水をはじき、汚れを防ぎ、躯体の劣化(白化現象、中性化現象、塩害、凍害)を防止。
  • 浸透型のため変色、テカリ、造膜が無く、経年による剥れの心配がない。
  • 撥水力に優れ、従来品より耐汚染性、汚染回復力が非常に優れている。
  • 人体に有害な有機溶剤を使用していないので人体に無害。
  • 紫外線カット型浸透性撥水剤の詳細は「ワイティプルーフによるコンクリート外壁塗装」のページを参照。

光触媒塗料

  • 光触媒のコーティング。浸透撥水剤の中に被覆に酸化チタンを分散させたタイプのものもある。
  • クリヤーの光触媒塗料を塗装する方法もある。仕上がりはどうしても「濡れ色」になってしまう。
「コンクリート保護剤」のトップへ戻る

弊店推奨塗料

推奨塗料

  • 塗料名 : ワイティプルーフ
  • ABC商会

推奨理由

  • 紫外線カット機能を付加することで従来品に比べ、効果持続性は抜群
  • 主成分であるシリコン系ポリマーの撥水性能により、撥水機能は抜群
  • 塗装後の変色、テカリも無く、素材の自然な風合いに仕上がる
  • 人体に有害な有機溶剤を使用していないので人体に無害
「コンクリート保護剤」のトップへ戻る

コンクリート保護剤塗装価格、メーカー

価格(単価)

  • シラン系浸透撥水剤 1,500円〜/u (100u以上、上塗材込、下塗材込)
  • ミクロンガード(エスケー化研社) 3,500〜/u (100u以上、上塗材込、下塗材込)
  • ワイティプルーフ(ダイゴ創景) 2,500-〜/u (100u以上、上塗材込、下塗材込)

製造メーカー

色々なメーカで特徴のある製品が出ている。

補足

浸透撥水剤塗装の二度塗り仕上げにはコツがいる。一度コーティングした後、乾燥してからですと次のコーティング剤は浸透しなくなってしまう。追いかけ作業ですばやく作業する必要がある。

「コンクリート保護剤」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.