埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

打ち放しコンクリート外壁の撥水保護塗装施工例・その2

モルタル壁外壁塗装施工例

築15年、3階建て外壁への紫外線カット型浸透撥水剤を使用した、コンクリートの打ち放し面への保護塗装施工例の紹介です。
塗膜を造らない浸透型撥水剤による保護塗装は打ち放し面の持つ意匠や自然な風合いを損なわない仕上がりで、外壁の長期防汚、劣化予防の保護塗装として効果的です。

外壁保護塗装施工の様子

化粧帯の塗装

塗装仕様

  • メーカー : エスケー化研
  • 下塗り : 水性ソフトサーフSG 1回塗り
  • 上塗り : クリーンマイルドシリコン 2回塗り
帯の塗装後の様子 帯の塗装後の様子
化粧帯の塗装後の様子

外壁の撥水保護塗装

プライマーの塗装 上塗りの塗装
プライマーの下塗り作業 上塗り(追っかけ2回塗り)
撥水塗装後の様子 外階段の撥水保護塗装
撥水剤は塗装乾燥後、濡れ色にはなりません 外階段にも撥水保護塗装をします

意匠を損ないません

散水の比較

噴霧器を使用して散水し、比較テストをして見ました

左側の未施工部分は濡れ色になりますが、右側の施工済み部分は濡れ色になりません。
しっかり撥水しているのが確認できます。

目次に戻る

施工後の撥水テスト

撥水塗装は乾燥後、ほとんどテカリもなく、濡れ色にもなりません。
したがって施工の際の塗り忘れが目視確認できません。
そこで足場を解体する前に、噴霧器を使用した散水による撥水テストを必ず行います。

噴霧器による散水 撥水の確認
施工後外壁全体を噴霧器で散水 撥水を確認テストします

目次に戻る

雨の日の撥水確認

台風が近づく雨の中、撥水保護塗装のできばえを確認すべく、現場確認を行いました。

雨の中撥水確認

道路には水溜りができるほど雨が降っていましたが外壁は濡れ色にならず、しっかり撥水していました

元のページへ | トップに戻る