プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2

( セキスイハウス、築13年目。化粧ALC外壁、波型スレートの遮熱塗装の様子を詳しく紹介 )

プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2

プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2

埼玉県さいたま市、I氏邸。プレハブ住宅(セキスイハウス)の外壁塗装施工例のご紹介です。
築13年目、化粧ALC外壁と波型スレート屋根の塗装の様子を詳しく紹介しています。

外壁塗装の前後

埼玉県さいたま市浦和区  I氏邸
     築13年 セキスイハウス  外壁 : 化粧ALC 屋根 : 波型スレート

施工前 外壁塗装施工後
施工前 施工後 ( 拡大画像を見る )
「プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

外壁塗装

工事計画と施工

  • 前回の塗装で、ALC特有の発泡による巣穴がしっかり埋まっていないので、巣穴をシーリング材を使用して拾い、タイトな塗膜を造るようにする。
  • シーリングのやせている箇所は追い打ち補修。
  • 目地のシーリングになるべく追従するよう、弾性塗料を使用し、既存のテクスチャーを生かした薄塗り仕上げとする。

使用塗料と塗装仕様

  • メーカー : エスケー化研
  • 下塗り : 一液マイルドシーラーES (ターペン系特殊変性エポキシシーラー) 1回塗り
  • 上塗り : クリーンマイルドシリコン(弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料) 2回塗り

化粧ALCの塗装

下地調整
ALC既存の様子 シーリング材で補修後の様子
ALC既存の様子 シーリング材で補修後の様子
プライマーの塗布後の様子 上塗り作業中の様子
プライマー塗装後の様子 上塗り作業中の様子
上塗りの色分け
上塗りの1回目と2回目の色の塗り分け

色の薄いところがまだ2回目の上塗りをしていないところです。このような複雑なドイツ目地の場合、同色での2回塗りでは塗り残しが出ます。
1回目と2回目の色を意図的に多少変えて塗装作業にあたるのが、塗り残し予防のための大切なポイントです。

化粧ALC外壁塗装後の様子
化粧ALC外壁 クリーンマイルドシリコン ( color SR413 ) 仕上げ
「プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

破風、鼻隠しの塗装

塩ビ鋼板の塗装

積水ハウスでの破風板、鼻隠しには、塩ビ鋼板が多用されています。初期には錆びにくくてよいのですが、端部や傷跡から雨水の侵入で腐食が始まります。
腐食が広くなると、かえって厄介になりますので塩ビ鋼板は早めの塗り替えを推奨いたします。

錆止め塗装とリベットの打ち直し

塩ビ鋼板は端部から錆びてきます。浮いたフィルムをはがし取り、錆止め塗料をタッチアップします。外れたリベットは打ち直します。

錆止め塗装後の様子 リベットの打ち直し後の様子
端部への錆止めタッチアップ後の様子 リベットの打ち直し後の様子

塩ビ鋼板専用プライマー、ビニタイトプライマー(エスケー化研)の特徴

  • 密着性
      専用プライマーの「ビニタイトプライマー」は、特殊変性ウレタン樹脂を採用しているため、強靭な塗膜を形成し、塩ビ鋼板下地と強力に密着します。
  • 低汚染性
      塗膜汚染の原因となる塩ビ鋼板に含まれる可塑剤の塗膜表面への移行を抑制するため、長期にわたり美観を維持します。
  • 耐久性
      ビニタイトプライマーとウレタン樹脂、シリコン樹脂、ふっ素樹脂を採用した各種上塗材と組み合わせた工法は、強靭な塗膜を形成し、酸性雨や紫外線に対して優れた抵抗性を示します。
専用プライマー塗装後の様子 鼻隠し塗装後の様子
ビニタイトプライマー塗装後の様子 破風板、鼻隠し塗装後の様子
「プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

軒天の塗装

軒天は鋼板製なのでクリーンマイルドシリコン仕上げにしました。

上塗り1回目塗装作業中の様子 塗装仕上げの様子
上塗り1回目の塗装作業中の様子 軒天塗装後の様子
「プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2」のトップへ戻る
  

波型スレートの屋根塗装

屋根塗装の施工前後

屋根既存の様子 塗装仕上げの様子
波型スレート既存の様子 遮熱塗料によるペイントリフォーム後の様子

使用塗料と塗装仕様

使用塗料
  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : マイルド浸透シーラー 1回塗り
  • 上塗り : 快適サーモSi(弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料) 2回塗り

この屋根塗装の詳細は「新生屋根材波型スレートの遮熱塗装施工例-1」のページで紹介しています。

「プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

その他の工事

ベランダ床への長尺シート施工

ベランダの床はプレートを敷き詰めてありましたが、埃や汚れの掃除も大変で、苔も発生し衛生的にも良くないとのことで長尺シートを施工しました。

)長尺シート施工後の様子

ブロック塀の塗装

ブロック塀はひび割れが多く、既存の吹き付けタイルのテクスチャーを生かした塗り替えはできません。
水性ソフトサーフSG(一液水性微弾性サーフェーサー)を鎖骨ローラーを使用してゆず肌模様にテクスチャーを変え、外壁と同じクリーンマイルドシリコン(弾性タイプ)で仕上げました。

ブロック塀既存のひび割れの様子 塗装仕上げの様子
ブロック塀既存のひび割れの様子 外壁と同じ塗料での塗装後の様子

軒樋の落ち葉対策

施主様からの落ち葉による樋のつまりのご相談を受け、ビニルネットを利用して落ち葉対策を行いました。

落ち葉による樋のつまりの様子 ビニルねっとを利用した落ち葉対策後の様子
落ち葉によって軒樋がつまっている様子 ビニルネットを利用した落ち葉対策
「プレハブ住宅の外壁塗装施工例-2」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.