窯業系サイディング壁の外壁塗装施工例-14

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

サイディング壁の外壁塗装施工例-14

( 築24年、窯業系サイディングの弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料による外壁塗装施工例の紹介 )

サイディングの単色仕上げによる外壁塗装施工例

窯業系サイディング壁の外壁塗装工事例・14

築24年、さいたま市見沼区、S氏邸。
窯業系サイディング、2回目の外壁塗装。
弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料による単色仕上げの外壁塗装施工例のご紹介です。

外壁塗装後

埼玉県さいたま市 S氏邸

築24年
外壁 : 窯業系サイディング  屋根 : コロニアル 

外壁塗装後の様子 外壁塗装後の様子
外壁塗装後の様子・拡大画像
「窯業系サイディング壁塗装施工例-14」のトップへ戻る

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は築24年目で二回目の塗り替え。無塗装サイディングに新築時リシンの吹き付け仕上げをしたもの。
1回目の塗り替え時にはシーリングはそのままで塗り替えてあった。目地のシーリング部のほとんどにひび割れが多く発生している。
今回は目地のシーリングは打ち替え後、塗装の予定。

シーリング工事

使用シーリング材
  • シーリング材の種類 : 1液変性シリコン系シーリング材・低モジュラスノンブリード型
  • 製品名 : シャーピー ペイントセラNB-LM
  • メーカー : シャープ化学工業
仕様
  • 目地部は既存のシール材を撤去後、打ち替え(再充填)。
  • サッシ等付帯物周りは三角追い打ち(増し打ち)。
  • ボンドブレーカーによる二面接着
三面接着への対応

既存の目地シーリングのほとんどが三面接着になっておりました。目地幅に応じたボンドブレーカーを貼り、二面接着を確保してから打ち替えます。

目地シーリング既存の様子 既存のシーリング材撤去作業の様子
既存の目地シーリングの様子 既存のシーリング材を撤去作業の様子
サイディングの小口に古いシーリング材が残らない用にカット 目地シーリング打ち替え後の様子
サイディングの小口に古いシーリング材が残らない用に削り落します 目地シーリングの打ち替え後の様子

ボンドブレーカーを貼り、しっかりした二面接着を確保することで、数年後にはその効果がはっきりと出てきます。

外壁塗装・使用塗料

  • 塗料の種類 : 弱溶剤二液型アクリルシリコン樹脂塗料
  • 製品名 : クリーンマイルドシリコン 弾性タイプ
  • メーカー : エスケー化研

塗装仕様

  • 下塗り : 水性ソフトサーフSG 1回塗り
  • 上塗り : クリーンマイルドシリコン 弾性タイプ

現場調色

施主様が既存の色を気に入っておられ、同じ色にしてほしいとのご希望でした。
今回は色見本帳で最も近いSR-426をベースにして現場調色しました。

塗装作業

下塗り塗装作業中の様子 上塗り塗装作業中の様子
下塗り(水性ソフトサーフSG)塗装作業中の様子(白く見えるのが下塗り) 上塗り塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子 上塗り1回目と2回目の比較
上塗り2回目塗装作業中の様子 上塗り1回目と2回目の色の差

上の画像で、左側の上塗り2回目の方が白っぽく、色が薄くなっています。塗膜の乾燥と共に次第に濃くなり、やがて右側の1回目と同色になります。
塗膜内で顔料の比重差による沈降現象が起きるためです。特に濃色ほど塗装時の色の差が大きくでます。
この色の差が、塗装作業時の「塗り残し」予防に役立ちます。しかし、調色を難しいものにする原因ともなります。

外壁塗装後の様子

破風板、雨樋、雨戸、面格子などは全てサッシと近似色にし、外壁とのコントラストを生かした仕上げを心がけました。
そうすることでスッキリとした洋風に仕上がります。

上塗り塗装後の様子
外壁塗装後の様子
「窯業系サイディング壁塗装施工例-14」のトップへ戻る

屋根塗装(コロニアル葺き)

使用塗料とメーカー

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : 快適サーモマイルドシーラー白 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー03型 W工法
  • 上塗り : 快適サーモSi ( 弱溶剤二液型シリコン変性樹遮熱塗料) 2回塗り
          color : ニューサーモブラック 日射反射率 55.1%

割れているコロニアルの差し替え

下屋の谷付近に3枚割れているコロニアルがありました。「割れているものは新しいものに交換をしてから塗り替える」弊店の方針に沿って差し替え交換をしました。

割れているコロニアルを差し替え後の様子
割れているコロニアルを差し替え後の様子

谷の役物はコロニアルの下で折り返してあり、谷付近のコロニアルは浮いた状態になっております。そのため谷付近のコロニアルには絶対乗ってはいけません。
しかし、不用意に乗ったためにこうした「割れ」は生じます。屋根に乗るものの常識ですが、塗り替え時に屋根を点検すると、こうした原因による「割れ」が多いのも現実です。

塗装作業

屋根既存の様子 水洗い後の様子
屋根既存の様子 水洗い後の様子
シーラー塗装作業中の様子 シーラー塗装後の様子
シーラー塗装作業中の様子 シーラー塗装後の様子
タスペーサーによる縁切り
シーラー塗装後、タスペーサーを挿入して「縁切り」をします。画像の中で黒い点に見えるのがタスペーサーです。
上塗り1回目塗装作業中の様子 屋根塗装後の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子 屋根塗装後の様子
「窯業系サイディング壁塗装施工例-14」のトップへ戻る

他の部位の塗装

濡れ縁以外のその他の部位はサッシの色と近似色とし、全体の仕上がりのスッキリ感を重視しました。

他の部位の塗装

雨樋塗装後の様子 破風板と軒天塗装後の様子
雨樋塗装後の様子 破風板、軒天塗装後の様子
雨戸塗装後の様子 面格子塗装後の様子
雨戸塗装後の様子 面格子塗装後の様子
濡れ縁塗装後の様子
濡れ縁塗装後の様子
「窯業系サイディング壁塗装施工例-14」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.