埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

窯業系サイディングの外壁塗装施工例

窯業系サイディング壁の外壁塗装工事例・31

築15年、さいたま市、N氏邸。
窯業系サイディング、初めての外壁塗装。屋根はカラーベスト葺き。
外壁はニチハ製窯業サイディングQF060BE-92251でパネル調模様のもの。
外壁の凹凸を利用したパネル調二色仕上、テラス腰壁部はタイル調による二色仕上げの外壁塗装施工例のご紹介です。

外壁塗装

調査・診断

外壁の塗装は初めての塗り替え。
外壁はパネル調意匠のサイディング。
テラス腰壁部はタイル調のサイディングで共に凹凸を利用した二色仕上での塗装を予定。

目地部のシーリングは打ち替え、サッシ回りなどは追い打ちで対応としました。

屋根はカラーベスト(コロニアル)葺きで遮熱塗料での屋根塗装。

水洗い

高圧洗浄機を使用し、汚れや北面の苔、チョーキングの粉を洗い落します。ついでに網戸、サッシの戸走り、面格子なども洗います。

通常150Kgf/㎡の吐出圧で行います。
特にチョーキングの粉は取り除くよう、丁寧な水洗いを心がけています。
網戸などはその都度、手元の圧力調整器で圧力を下げ、傷めないよう注意して行います。

シーリング工事

既存のシーリングは劣化が進み、断裂、剥がれなどが部分的にありました。今回は施主様のご意向で高耐候性シーリング材「オートンイクシード」を使用してシーリング工事を行いました。

シーリング工事の仕様

  • 仕上げ材 : オート化学工業 : オートンイクシード
  • サイディング目地 : 既存撤去後、二面接着による打ち替え
  • その他サッシ周り等 : 打ち増し(追い討ち)

目地シーリング

目地シーリング既存の様子
既存の目地シーリングの様子
既存目地シーリング撤去後の様子
既存の目地シーリング撤去後の様子

ハットジョイナーの両サイドに大きな隙間が空いています。
隙間部分は底面にシール材が接着し、三面接着になります。
これがシール材の自由な追従動作を阻害し、「断裂」や「ひび割れ」を促進する要因になります。

目地底面の補修作業の様子
隙間にシール材を捨て打ちして目地底面を
フラットにします
ボンドブレーカーの貼り直しの様子
目地幅に合ったボンドブレーカーを貼りなおして二面接着を確保します
参照

二面接着と三面接着については、「外壁塗装におけるシーリング工事」のページで詳しく紹介しています。

外壁塗装使用塗料と仕様

使用塗料

プレミアムシリコン荷姿
プレミアムシリコン荷姿
  • 塗料の種類 : 一液水性ハイブリットシリコン樹脂塗料
  • 製品名 : エスケープレミアムシリコン
  • メーカー : エスケー化研
  • 特徴 : 水性でありながらニ液型溶剤タイプに匹敵する長期耐候性塗料

塗装仕様

  • 下塗り : 水性SDサーフエポプレミアム 1回塗り
  • 上塗り : エスケープレミアムシリコン 2回塗り仕上げ

サイディングの塗装

外壁部分

シーラー塗装作業中の様子
シーラー塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り1回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子
上塗り2回目塗装後の様子
上塗り2回目塗装後の様子

テラス腰壁タイル調仕上部分

目地上塗り2回目塗装後の様子
目地部上塗り2回目塗装後の様子
上塗り2回目塗装後の様子
上塗り2回目塗装作業中の様子

サイディングの凹凸を利用した二色仕上の外壁塗装後の様子

外壁二色仕上後の様子
二色仕上塗装後の様子

屋根塗装

遮熱塗料(高日射反射率塗料)による屋根塗装

遮熱塗料はその色の日射反射率で遮熱効果が決まります。
今回の現場は、施主様のご意向によりサーモパールグレーを使用して塗装を行いました。

塗装仕様

  • メーカー : 水谷ペイント
  • 下塗り : 快適サーモマイルドシーラー白 1回塗り
  • 縁切り : タスペーサー 03型によるW工法
  • 上塗り : 快適サーモSi(弱溶剤二液型シリコン変性樹脂遮熱塗料) color : サーモパールグレー(日射反射率75.1%) 2回塗り
塗装後の様子
サーモパールグレー(日射反射率75.1%)(日射反射率 : 75.1%)による屋根塗装後の様子
詳細

この屋根塗装の詳細は、「コロニアル屋根の遮熱塗装施工例-13」のページで紹介しています。

元のページへ トップに戻る