フッ素樹脂を超える次世代の超耐候性塗料の外壁塗装

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

フッ素樹脂を超える「アプラウド シェラスターNEO」の外壁塗装

( フッソ樹脂塗料をはるかにしのぐ超耐候塗料「アプラウド シェラスターNEO」の紹介 )

フッ素樹脂を超える次世代の超耐候性塗料による外壁塗装

無機・有機ハイブリッド型塗料「アプラウド シェラスターNEO」の外壁塗装

フッソ樹脂塗料をはるかにしのぐ超耐候塗料「アプラウド シェラスターNEO」(日本ペイント)の紹介です。
高耐候塗料の代名詞「フッソ樹脂塗料」をはるかに凌ぐ、超高耐候塗料が長期に渡り外壁をしっかりガードします。
建物によってはライフメンテナンスのコスト削減に大きく貢献します。

無機・有機ハイブリッド型塗料とは?

ハイブリッドの結合反応
  • 従来の無機塗料は安定性、耐候性は認められながら、その塗膜の硬質なるがゆえに「割れ」に弱く、塗装下地に追従できない欠点がありました。
  • 無機の中に有機を組み込む(ハイブリッド)ことで両者の長所を活かした塗料として理想的な塗膜性能を実現。
「フッ素樹脂を超える超耐候塗料」のトップへ戻る

次世代型超耐候性塗料「アプラウド シェラスターNEO」の特徴

アプラウド シェラスターNEO
水性

水性二液反応硬化型無機塗料なので環境に優しい塗料

低汚染性

緻密で塗膜はシリカ(Si)成分が多く、シロキサン結合により親水性を示し、汚れが塗膜内部に入りにくい構造。

難燃性

主成分が無機質なので難燃性を示す。

微弾性

シロキサン結合の間に弾性成分が組み込まれることでサスペンションの働きを示し、硬質でありながら微弾性を示す。

「フッ素樹脂を超える超耐候塗料」のトップへ戻る

塗装仕様と施工ポイント

既存模様を生かした薄塗り仕上げ

工程 塗料の種類 塗装方法と施工ポイント
素地調整 劣化塗膜を除去したりしてから高圧洗浄、クラック処理など適切な素地調整を行う。
下塗り フィラーシーラー ウールローラーにより平滑塗装。1回塗り
上塗り アプラウド シェラスターNEO ウールローラーを使用して塗ります。耐久性を高めるため丁寧に2回塗りで仕上げます。

さざ波模様で既存のテクスチャーを変えて塗り替える場合。

工程 塗料の種類 塗装方法と施工ポイント
素地調整 劣化塗膜を除去したりしてから高圧洗浄、クラック処理など適切な素地調整を行う。
下塗り フィラーシーラー 鎖骨ローラーによりさざ波模様塗り。1〜2回塗り
上塗り アプラウド シェラスターNEO ウールローラーを使用して塗ります。耐久性を高めるため丁寧に2回塗りで仕上げます。
「フッ素樹脂を超える超耐候塗料」のトップへ戻る

塗装価格、メーカー

塗装価格(u単価)

仕上げ方法 塗り回数 施工価格
既存塗膜を生かした薄塗り仕上げ 3 4,300-〜
さざ波模様の新しいテクスチャーを造る仕上げ方法 3 4,800-〜

塗料メーカー

日本ペイント

補足

耐久性はフッソの約1.5倍、他の塗料と比較して高価格です。
しかし、高層など建物によってはメンテナンスコストを加味すると非常に経済的な塗装体系といえます。
塗料の耐久性を追及される方にはおすすめの塗料です。

「フッ素樹脂を超える超耐候塗料」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.