シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装

( 一液型水性アクリルシリコン樹脂塗料による外壁のクリヤー塗装の紹介 )

UVカットクリヤーによる外壁の模様、色を活かした塗装

シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装

一液型水性アクリルシリコン樹脂塗料による外壁のクリヤー塗装の紹介です。
紫外線を90%以上カットし、既存塗膜の耐久性を一段と高めます。
既存塗膜の意匠を残したい。塗膜の耐久性の向上。そんなご要望にお答えできるのがシルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装です。

紫外線カットの外壁クリヤー塗装仕上げ

外壁のクリヤー塗装仕上げのご提案

塗膜や部材の劣化原因である紫外線を90%以上カットし、既存塗膜にシルビアUVカットクリヤーを塗装することでその耐久性を10年にグレードアップできます。
現在の高意匠の模様を残したい。そんな方のためにシルビアUVカットクリヤーによる外壁のクリヤー塗装仕上げをご提案いたします。

外壁のクリヤー塗装仕上げの問題点

従来のクリヤー塗装の弱点は透明ゆえに紫外線も透過し、その塗装下地を劣化させてしまうという点にあります。
家具類などのクリヤー仕上げのものを外に放置しますと、塗装がすぐ剥れてきます。
部屋の中に置いておくと何十年も平気なものが、風雨もさることながら紫外線によって塗装下地の劣化が起こるわけです。
そんな問題を解決したのがシルビアUVカットクリヤー(日本特殊塗料)による外壁のクリヤー塗装仕上げです。

「シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装」のトップへ戻る

外壁保護用クリヤー塗料

塗料紹介

  • 製品名 : シルビアUVカットクリヤー
  • メーカー : 日本特殊塗料
  • 塗料の分類 : 一液型水性アクリルシリコン樹脂クリヤー塗料

塗料の特徴

主な特長
従来のクリヤー塗装の欠点
  • シルビアUVカットクリヤーを塗装することで、紫外線の90%以上をカットし、既存塗膜を長期に劣化からガードします。
  • 塗膜は親水性で、優れた低汚染性を示す。
  • 反応性シリコンの自己架橋システムによって耐候性1種に合格、高耐候性を実現。
  • 各種既存仕上げ材の保護クリヤーとして使用可能。低コストによる既存塗膜の美観保護、耐久性低下の抑制効果がある。
  • 有機溶剤をほとんど含まない、環境に優しい水性反応硬化型の塗料です。
「シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装」のトップへ戻る

標準仕様

工程 塗料の種類 塗装方法と施工ポイント
下処理 水洗いや雨の後の塗装面は十分に乾燥させてから施工。
気温5℃以下、湿度80%以上時の塗装は避ける。
上塗り
(1回目)
シルビアUVカットクリヤー
清水 5〜10%程度
刷毛、ローラー、スプレー
2時間〜72時間以内(23℃)
上塗り
(2回目)
シルビアUVカットクリヤー
清水 5〜10%程度
刷毛、ローラー、スプレー
「シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装」のトップへ戻る

塗り替え時期

  • 既存塗膜の色褪せや劣化が進まないうちうちに塗り替えるのがポイントです。新規サイディングの場合、築8年位が一つの目安です
    サイディングの種類によってはもっと早めに塗り替えないとクリヤー塗装が出来ない場合もあります。
  • 下地の傷み具合によってはクリヤー仕上げが無理な場合があります。ご相談下さい。
「シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装」のトップへ戻る

適応下地塗膜

  • アクリル樹脂塗料
  • アクリルウレタン樹脂塗料
  • アクリルシリコン樹脂塗料

フッ素加工、撥水処理をしてあるサイディングボードへの塗装は出来ません。

「シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装」のトップへ戻る

施工価格(単価)

  • 1,700-〜/u
  • 標準仕様(2回塗り仕上げ)
  • 水洗い、足場代などは含まれていません。
  • クラック処理、サイディングのシーリング工事など、前処理が必要な場合の処理費は含まれておりません。
「シルビアUVカットクリヤーによる外壁クリヤー塗装」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.