埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

埼玉の外壁塗装・屋根塗装はおい川塗装店

サイディングの多彩色仕上げによる外壁塗装

サイディングの多彩色仕上げ

最近のサイディングは高意匠のものが多くなっています。
一色の塗りつぶしでの塗り替えでは物足りなく感じていらっしゃる方へ「多彩色仕上げによる外壁塗装」のご提案です。
サイディングの凹凸を生かしたタイル調柄などの多彩色仕上げの方法を詳しく紹介しています。

高意匠サイディングの外壁塗装

サイデイングの外壁塗装では、塗料での塗りつぶしの方法だけでなく、既存の意匠を生かしたクリア仕上と意匠の凹凸を利用した多彩色仕上の二つの方法が用いられます。

クリア塗料による保護塗装
多彩色仕上げ
サイディングの凹凸を利用した多彩色仕上げ
詳細

クリア塗装についての詳細は「窯業系サイディングの外壁塗装・クリヤー塗装」のページを参照。

目次に戻る

タイル調柄サイディングの外壁塗装

高意匠のサイディングは表面の凹凸と彩色を組み合わせて表現しています。
凹凸を利用して、刷毛と特殊ローラーを使い分けて多彩色に仕上げます。

タイル調柄仕上げの外壁塗装

タイル調柄のサイディングでは、凹部 ( 目地 ) と凸部 ( タイル ) を塗分けて仕上げます。
重厚感などの演出によってお住まいのイメージチェンジが計れます。

刷毛による目地部の塗装
凹部(目地)の塗装
ローラーによる凸部の塗装
毛丈の短いローラーで凸部のみ塗り分けます

上記の作業を2回繰り返し、どの色も上塗り計2回で仕上げます。
作業効率をアップするため、最初に目地色で全面を2回塗りし、最後にローラーで凸部のみ塗り分ける方法もあり、多くはこの方法で行われているようです。

弊店の外壁塗装では最初の方法で行っており、塗り回数にこだわっています。

コントラストを活かした仕上げ

同じタイル調の多彩色仕上げでも、配色によってイメージも異なってきます。
同一色相によるコントラストを活かした仕上げ方法です。

クリア塗装
タイル調にこだわって目地との二色仕上げ
和風仕上げに向いています
二色仕上げ
同系色のコントラスト生かした二色仕上げ
洋風仕上に向いています

目次に戻る

多彩色仕上げの塗装仕様

サイディングの多彩色仕上げの塗装仕様では3つの塗装仕様が用いられています。

1. 一般的な仕様
ベースカラー 2回塗り + トップカラー 1回塗り ( 最も一般的に行われている仕様 )
2. 2回塗りこだわり仕様
ベースとトップカラーを共に2回づつ塗り上げる2回塗りこだわり仕上げ
3. ベース、トップ 1回塗り + クリアトップ 1回
塗分け塗装を各1回塗り後にクリアトッブコートを上塗りし、全体として2回仕上げ

弊店の多彩色仕上による外壁塗装では 23 の方法で施工いたします。

目次に戻る