遮熱塗装と棟換気の設置・屋根のエコリフォーム

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

屋根の遮熱塗装と棟換気の設置のご提案

( 遮熱効果と屋根裏換気のダブル効果によりエアコンの効くお住まいに。節電エコリフォームのご提案 )

屋根の遮熱塗装と棟換気のW効果

遮熱塗装と棟換気

夏の暑くてたまらないお住まいや、エアコンの効きの悪い最上階のお部屋でお悩みの方へのご提案です。
屋根への遮熱塗料によるペイントリフォームと棟換気の設置という簡単で経済的なリフォームです。

遮熱塗料(高日射反射率塗料)の特徴

  • 遮熱塗料(高日射反射率塗料)に含まれる特殊顔料によって赤外線を反射して熱の蓄積を抑制し、屋根の表面温度を下げます。
  • 屋根材の蓄熱による伸縮が抑えられる分だけ屋根材の耐久性が向上する。
  • 塗膜の表面に付く埃や苔などの汚れは遮熱効果を低下させます。したがってシリコン系の汚れにくい樹脂塗料の選択が望ましい。
詳細を見る

遮熱塗料による屋根塗装についての詳細は「遮熱塗料の屋根塗装」のページを参照。

「屋根のエコリフォーム・遮熱塗装と棟換気の設置」のトップへ戻る

塗料の色相と遮熱効果

  • 白に近い色ほど赤外線の反射率は高く、遮熱効果は大きい。
  • 住宅の場合、外壁の色とのバランス上、屋根の色は濃色になりがちですが、遮熱効果を優先する場合は薄いグレー系の色を推薦いたします。
エコリフォーム
コロニアル葺き屋根の遮熱塗装の例
快適サーモSi(水谷ペイント)・パールグレー色で塗装仕上げ
近赤外波長域日射反射率 : 75.1%
「屋根のエコリフォーム・遮熱塗装と棟換気の設置」のトップへ戻る

棟換気の効果

棟換気

屋根の棟部分に換気口を設置して、屋根裏の空気の温度差、圧力差を利用して自然換気するものです。

住宅金融支援機構(旧「住宅金融公庫」)監修住宅工事仕様では標準化されています。

一部のハウスメーカーなどでは標準仕様になっているところもありますが、多くの既設の住宅では設置されていないのが現状です。

小屋裏(屋根裏)換気の必要性

  • 夏場の外気温が30℃以上の時、小屋裏温度は60〜70℃に達するともいわれています。
  • 屋根面からの輻射によって温度上昇し、いったん暖められた木材はなかなか温度が下がりにくい性質を持っています。
  • 「二階の部屋は、夜遅くならないとエアコンが効かない」と言うお話はよく耳にします。
  • 棟に換気口を設置することで空気の流れが生じ、小屋裏の熱気は排出され、温度上昇は軽減されます。
  • 外気温が室温より低下する時期の小屋裏の結露による木材の腐食やカビの発生を軽減します。
「屋根のエコリフォーム・遮熱塗装と棟換気の設置」のトップへ戻る

小屋裏換気の原理

棟換気による空気の流れ        

部屋の換気には窓を開けます。一箇所の窓を開けても空気の流れが悪く、あまり換気できませんがそれなりの効果はあります。
もう一箇所の窓を開けます。同じ面の窓より反対側の窓をあけたほうが空気の流れがよく、換気効果が上がります。

小屋裏(屋根裏)の換気においても空気の入り口と出口を明確にすることが大切です。
住宅金融支援機構(旧「住宅金融公庫」)の仕様書でも軒先を入り口とし、棟を出口として設けることが効率の良い設置方法とされています。

既存の様子 エコリフォーム後の様子
既存の屋根の様子 遮熱塗装と棟換気設置後の様子

遮熱塗装で屋根の表面温度を、棟換気で屋根裏の温度を下げます。最上階での室温変化に体感できるほどの効果が期待できます。

詳しく見る

弊店で行っている棟換気の取り付け工事についての詳細は「棟換気の取り付け」のページを参照。

「屋根のエコリフォーム・遮熱塗装と棟換気の設置」のトップへ戻る

遮熱塗装と棟換気のWエコ施工例

遮熱塗料による屋根塗装と棟換気の設置のエコリフォームの施工例は下記のページを参照。

「屋根のエコリフォーム・遮熱塗装と棟換気の設置」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.