ワイティプルーフによる基礎部への撥水保護塗装施工例

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

建物の基礎部への撥水保護塗装施工例

( 紫外線カット型浸透撥水材「ワイティプルーフ」による基礎部への撥水保護塗装施工例を紹介 )

基礎部への撥水保護塗装施工例

基礎部の保護塗装施工例

紫外線カット型浸透撥水材「ワイティプルーフ」は塗膜を造らず、素材の自然な風合いを損なわない仕上げで、長期防汚、劣化予防の保護塗装材として注目を浴びています。基礎部への撥水保護塗装施工例を詳しく紹介しています。

保護塗装の仕様

ワイティプルーフの荷姿
  • 水洗い
     高圧洗浄で青苔、埃、汚れを洗い落とす。回転式ノズルを使用して、120Kgf/uの吐出圧で洗浄。洗浄後は十分な乾燥時間をとる。
  • 下塗り
     ワイティプルーフ専用プライマー#10をウーローラーにて1回塗り。時期的に気温が低いので、養生時間をとり、上塗りは翌日施工。
  • 上塗り
      ワイティプルーフ102Sをウーローラーにて2回塗り(追いかけ塗り)。
「ワイティプルーフの基礎部への保護塗装施工例」のトップへ戻る

使用材料

  • 専用シーラー : プライマー#10
  • 浸透撥水材 : ワイティプルーフ 102S
詳細を見る

ワイティプルーフの特長、仕様、価格など詳細は「ワイティプルーフによるコンクリート保護塗装」のページを参照。

「ワイティプルーフの基礎部への保護塗装施工例」のトップへ戻る

施工の様子

ワイティプルーフを上塗り作業中の様子 撥水保護塗装後の様子
ワイティプルーフをローラーで塗装作業中
の様子
撥水保護塗装後の様子

ワイテイプルーフの塗装直後は濡れ色になるが乾燥すると濡れ色は消えて、素地の自然な風合いに戻ります。
基礎部は地面からの湿気の吸い上げで、塗膜を作ると下部から経年で剥がれやすい。
ワイティプルーフは塗膜を作らないので、そうした剥れの心配が要りません。

「ワイティプルーフの基礎部への保護塗装施工例」のトップへ戻る

施工後の撥水の確認

[施工後の撥水の確認]
施工後の撥水の確認
上塗り施工後の翌日、ジョウロで散水し、撥水状況を確認した。
基礎部は濡れ色にならず、水を受け付けない状態を確認した。
紫外線カット型浸透撥水材「ワイティプルーフ」はシラン系と
異なり長期に渡りその撥水効果が持続します。
「ワイティプルーフの基礎部への保護塗装施工例」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.