高耐久保護材の木部塗装

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

高耐久保護材の木部塗装のご提案

( 外部の木材の風合いや木目を活かした仕上げにおすすめ仕上げ材の紹介 )

木部の高耐久性着色保護塗料

木材保護着色塗料

紫外線カット型木材保護着色塗料「ワイティプルーフSP200」(ABC商会)は、木材本来の風合い、木目を活かし、長期間劣化や色落ち、汚れの浸透を防ぐことができます。
木質系サイディング、ログハウス、白木作りの部位、建具、エクステリアなど、外部の木材の風合いや木目を活かした仕上げにはおすすめの仕上げ材です。

従来の木材保護塗料との相違

木材の呼吸を止めずにシリコンが撥水
  • 従来の木材保護塗料はアルキッド塗料がほとんどでした。
  • アルキッド塗料は耐候性、耐水性が低く、その効果は数年しかありませんでした。
  • ワイティプルーフSP200は木材保護着色塗料で初のシリコーン系ポリマーを使用しています。
  • シリコンの特性である高耐候、耐水性、撥水性によって高性能の保護材として効果を発揮します。
「紫外線カット型木材保護着色塗料」のトップへ戻る

ワイティプルーフWの特長と性能

紫外線カット性能

木材の劣化要因は紫外線と水です。ワイティプルーフSP200は撥水性によって水の浸透を防ぎ、紫外線カット機能で劣化から木材をガードします。

自然な風合いで、劣化や色落ちを保護

ワイティプルーフWの特性
  • 浸透性なので木目を活かした仕上げになります。
  • 塗膜を形成しないので木材の呼吸を止めずに劣化や色落ちを保護します。

すぐれた撥水層を形成

撥水膜ではなく、浸透して幾層もの撥水層を形成するので、「剥れ」や「割れ」の心配が無く、長期間の効果が期待できます。

豊富なカラーバリエーション

透明の他、ウォールナット、チークなど9種類の中から部材にあわせて選択できます。

「紫外線カット型木材保護着色塗料」のトップへ戻る

塗装標準仕様と施工ポイント

ワイティープルーフSP200工法(木材用)

工    程 塗料の種類 塗装方法と施工ポイント
素地調整 下地を清掃し、よく乾燥させる。
塗布面の汚れや付着物、ヤニ、古い塗膜等はブラシ、たわし、サンドペーパー等で十分取り除く。
雨の降った直後の使用は避け、天気の良い日を選んで塗布面をよく乾燥させる。(木材含水率18%以下)。
気温5℃以下の塗工は避ける。
下塗り(1回) プライマー#10 0.10〜0.12L/u 、8〜10u/L
6時間以上、指触は約2時間
上塗り(2回) ワイティープルーフSP200 各色 0.12〜0.15L/u 、6〜8u/L (1回当たり)
全工程完全硬化は2日間
「紫外線カット型木材保護着色塗料」のトップへ戻る

ワイティプルーフSP200の用途

ワイティプルーフSP200の用途

木質系サイディング、ログハウス、白木仕上げ木部、建具、板塀、門扉、公園遊具、デッキ、ベンチ、パーゴラなどガーデニングの外部木材の保護として木材の風合い、木目を活かしたい場合。

ワイティプルーフ施工価格

  • 木部着色保護塗装施工
        2,500-〜/u (3工程)
  • 上記価格には下処理費は含まれておりません。詳細はお問い合わせ下さい
「紫外線カット型木材保護着色塗料」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.