遮熱防水のすすめ

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

屋上、ベランダへの遮熱防水のおすすめ

( 節電対策、ヒートアイランド対策、遮熱タイプの防水改修工事について紹介 )

遮熱防水のおすすめ

遮熱防水

夏場の節電対策、ヒートアイランド対策として、陸屋根やベランダの防水改修には遮熱防水をおすすめいたします。
国土交通省X-1適合、グリーン購入法高日射反射率防水 JASS 8 L-US 適合の工法による遮熱タイプの防水について紹介しています。

遮熱タイプのトップコート

防水材のトップコートに遮熱機能を持たせ、効率よく赤外線を反射させます。

スーパートップ遮熱

主な特長は

スーパートップ遮熱の特長
  • 赤外線反射による効果的な遮熱性機能があります。塗装前に比較して外気温30℃以上の時、屋根の表面温度を15℃前後下げます。
  • ハルスハイブリッド型樹脂を使用しているので超耐候性でメンテナンスコストを軽減し経済的です。
  • ハルスハイブリッド型樹脂の特性により、早期から低汚染性を発揮し、長期の光沢保持を示します。
  • 無鉛タイプなので安心。
ハルスハイブリッドとは?
  • ハルス : 耐候性を保持させるのに必要な光安定剤を添加物として塗料に加えるのではなく、樹脂の骨格に組み込んでいる。
  • ハイブリッド : 水分による劣化、汚染を抑制するため加水分解を抑える樹脂骨格との組み合わせ。
「遮熱防水のすすめ」のトップへ戻る

遮熱効果

東日本塗料社の実験測定値によるものにです。

条件
  • 鉄筋コンクリート3階建て住宅
  • 屋根、3階居室で測定
  • 陸屋根にフローン#12にスーパートップ遮熱(フォックスグレー)を塗装
スーパートップ遮熱の塗装前後の温度比較
改修前後の温度比較
屋根の表面温度
塗装前 12:00を過ぎる頃には表面温度は60℃を超え、16:00頃まで続きます。
遮熱防水改修後 14:00には最高温度44℃まで上昇しますが、塗装前の最高温度62.5℃と比較して、18.5℃も低くなります。
室内温度
塗装前 12:00頃には外気温と室内温度が同じくらいになり、15:00以降外気温は低下します。
しかし室内には熱がこもり、室内温度はなかなか低下しません。
遮熱防水改修後 日中外気温が上昇しても、室内温度はほとんど変化せず、2829℃を示します。改修前と比較して5.7℃も低くなります。

※ 試験結果はメーカーの試験に基づく公表数値で、保障値ではありませんのでご注意ください。

「遮熱防水のすすめ」のトップへ戻る

遮熱防水の仕様

工程 使用材 施工ポイント
素地調整 エクストラボンドS
エクストラシートS
エクストラボンドS塗布後、エクストラシートSを密着させ、十分に加圧する。
防水材の塗布
(2回塗り)
フローン#12
(クールホワイト)
硬化剤との配合比率で配合、電動攪拌機で充分攪拌後、コテ、ヘラ等にて塗布。充分乾燥後この工程をもう一度繰り返す。
遮熱トップコート(2回塗り) スーパートップ遮熱 硬化剤との配合比率で配合、電動攪拌機で充分攪拌後、ローラー、刷毛にて塗布。

他の色相でも遮熱効果はありますが、
  フローン#12クールホワイト + スーパートップ遮熱クールグレー
の組み合わせが遮熱効果も高く、おすすめです。

「遮熱塗料の種類と特徴」のトップに戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.