浸透吸水防止材によるタイル壁の外壁塗装

外壁塗装のおい川塗装店タイトルロゴ

浸透吸水防止材によるタイル壁の外壁塗装のご提案

( 従来のクリヤー塗装と異なる、浸透吸水防止材によるタイル壁の保護塗装の紹介 )

浸透吸水防止材によるタイル壁の保護塗装

浸透吸水防止材によるタイル壁の外壁塗装

最近の公害型汚染によるタイル壁の汚れや酸性雨、塩害、凍害などによるタイル目地の劣化は深刻なものがあります。
目地モルタルのエフロなど劣化防止、タイル面の汚れ予防の要求は高まっています。
従来のクリヤー塗装と異なる、浸透吸水防止材によるタイル壁の保護塗装の紹介です。

浸透性吸水防止材とは?

保護塗装の必要性

タイル貼りの外壁は経年劣化により、施工後15年位を経過すると、一部のタイルが脱落したり、一部のタイルがセメントモルタルから浮き上がるなどの問題が生じてきます。
こうした経年劣化を促進する主な原因は、大気中の湿気や雨水等の水分です。
水分がタイルに生じた亀裂から壁の内部に浸入し、セメントモルタルを侵食して新たな亀裂を生みます。
さらにタイルの剥離、脱落を生じる結果となります。
こうした目地からの水分の浸透、吸水を予防し、タイル壁の保護が重要となります。

従来型
  • クリヤー塗装
      タイル面の防汚効果が期待できても、目地部への効果が薄い。
  • 浸透撥水剤
      タイル面の汚染の助長につながる。
  • 光触媒のコーティング
      目地部の劣化保護の効果がない。
浸透性吸水防止材
  • 架橋セラミック層を形成し、低帯電性、親水性を発揮し汚れを寄せ付けません。
  • 浸透性に優れた特殊シラン化合物を主成分とした強固なセラミック吸水防止層を形成して、タイル目地部を保護します。
「浸透吸水防止材によるタイル壁の外壁塗装」のトップへ戻る

浸透性吸水防止材の特徴

  • 優れた浸透性
    タイル用樹脂クリヤートップコートでは発揮できなかったモルタル目地部への高い浸透性を示します。
  • 優れた吸水防止効果
    浸透性吸水防止層がモルタル目地部への水の浸入を防ぎ、躯体を保護します。
  • 水蒸気透過性
    タイルセラクリーンは水蒸気透過性に優れています。
  • 超耐久性
      特殊シラン化合物が浸透することにより形成されたセラミック吸水防止層は優れた耐久性を示し、長期にわたり吸水防止効果を発揮します。
  • 超低汚染性
    陶磁器タイル表面に形成された架橋セラミック層が汚れを寄せ付けず、優れた低汚染性を発揮します。
  • エフロレッセンス防止
    セラミック吸水防止層が裏面からの水廻りによる目地部のエフロレッセンスの発生を抑制します。
  • 質感維持
    モルタル目地及びタイル表面の質感・風合いを損なうことなく、自然な仕上りを提供します。従来のタイル樹脂クリヤートップコートのように、目地が塗れ色になったり、陶磁器タイル表面の質感が変化する等の問題がありません。
「浸透吸水防止材によるタイル壁の外壁塗装」のトップへ戻る

施工標準仕様と施工ポイント

工程 材料 塗装方法と施工ポイント
洗浄 洗浄剤を塗布してから高圧洗浄。乾燥時間を十分とる。
上塗り タイルセラクリーン 吹き付け、ローラー、刷毛塗りいずれも可。2回塗りで仕上げます。
「浸透吸水防止材によるタイル壁の外壁塗装」のトップへ戻る

塗装価格、メーカーなど

価格(単価)

2,500-〜/u(100u以上)

製造メーカー

エスケー化研

補足

従来のクリヤー塗装では目地が濡れ色になったり、タイル面の質感が損なわれたりといった欠点があった。浸透性吸水防止材は、あくまでタイル貼りの自然な風合いを生かした仕上げが得られるのが魅力です。

「浸透吸水防止材によるタイル壁の外壁塗装」のトップへ戻る

元のページに戻る

©2017 Oikawatosouten. All Rights Reserved.